【Nyaa Trrents 閉鎖】FreeBooksとNyaaの閉鎖から見る著作権法改正の歴史

 

つい先日Nyaaというサイトが閉鎖したことが話題になっている。

まずNyaaというのは違法アップロードされた映画、アニメ、漫画など様々なtrrentファイルを検索できる、いわゆるインデックスサイトと呼ばれるものだ。

 

trrentとは 

ファイル共有(P2P)の形の一つで不特定多数でファイルを相互ダウンロードする技術を使ったものです。たくさんの相互ダウンローダーのいるファイルはダウンロード速度が速く、ダウンロードとアップロードが同時に行われるのも特徴。trrent自体が違法というわけではなく、扱われているファイルが著作権法に触れるものが多いのが問題になっていました。

 

この閉鎖騒動により悲鳴を上げているのはいわゆる“割れ厨”と呼ばれる、違法ダウンローダーだ。
trrentファイルに関する著作権問題はかなり前からあり、アップローダー、ダウンローダーともにかなりの数がいたため法整備をしても手が回らないといった状況でした。

そこでこのアップロードしたものを検索、一覧でみられるNyaaという大型サイトが閉鎖したことにより、trrentで著作権法に触れるファイルを扱っていた人々は手軽に目当てのファイルを見つけることができなくなるため確実にtrrent利用者は減少するでしょう。

しかしtrrentを扱っているサイトはNyaa以外にも無数にあるため、やはり一つのサイトが閉鎖したくらいでは撲滅には至りません。

今回は日本におけるtrrentとそれにまつわるダウンロードにおける著作権法改正、法整備についてみていきたいと思います。

1 2010年1月1日に行われた著作権法改正

 

2010年1月1日より施行された「著作権法の一部を改正する法律」による著作権法第30条(私的使用のための複製)の改正として
「著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、その事実を知りながら行う場合
の追加。

これにより、アップロード者だけでなく、ダウンロード者もそのファイルが著作権を侵害していると知りながらダウンロードをしたという場合のみ著作権法違反となることとなりました。違法なインターネット配信による音楽・映像を違法と知りながらダウンロードすることが、私的使用目的でも権利侵害と見なされるようになったというわけです。

この改正を機に以後発売されたコンピュータゲームで起動時に

「ゲームソフトを複製・アップロードすることは違法である」

「(違法であることを知りながら)ダウンロードするのは処罰の対象になる」

といった旨の注意書きが表示されるようになった。

2  2012年12月3日 違法音楽配信サイトでのアフィリエイト広告が禁止に

 

アフィリエイト広告とは 
成果に応じて費用が生じる成功報酬型の課金形態をもっている広告。
成功報酬型とは、「申込」「購入」「問い合わせ」「資料請求」など、広告主が事前に設定した成果まで到達した際に、その件数(あるいは金額)に応じて、費用が発生する形態の広告のこと。

 

違法なダウンロードサイトの運営者は、違法な配信でアクセス数を稼ぎ、アフィリエイト広告で収入を得ているケースが多い。
そのため2012年12月3日には、日本音楽著作権協会(JASRAC)と日本アフィリエイト協議会は、アフィリエイト広告サービス提供事業者(ASP事業者)と連携して、アフィリエイト広告収入を目的とする違法音楽配信サイトに対して広告の掲載停止と広告料の支払停止を行う方針を発表した。

 

3  著作権法改正の盲点

 

違法ダウンロードを取り締まるために、情報機器(PC、スマートフォンなど)やソフトウェア(ウェブブラウザ、メールソフト、ファイル共有ソフトなど)による通信を1台ずつ監視する必要がある。
通信を監視するということは、すなわち傍受することでもあるため、憲法第21条2項で禁止している「通信の秘密」を侵害しかねない問題を抱えている。
また、インターネットにおける通信に関しては、
「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」
により、著作権の侵害についても通信ログや通信を行ったものに関する個人情報の提供を裁判所を介してサービス提供者に求めることができる。
著作権者はこれらの個人情報に基づき、著作権の侵害の告発と損害賠償請求を行うことが認められている。
なお、著作権を管轄する文化庁は、権利を濫用せず、警告を行っても止めないなどの悪質なケースなどに限って運用するように求めている。

 

つまりダウンロードに関する著作権法改正の成果としては警告を行ってもやめないなど目に余るほど悪質なものに関してのみ取り締まりを強化した程度にとどまったということ。

 

4  違法ダウンロードの刑事罰化

 

2010年1月1日に施行された著作権法の改正では、違法コンテンツと知りつつダウンロードした場合の罰則は見送られたが、2012年に罰則を導入することが検討されたが民主党内では慎重論が強まったこともあり、同年4月25日の文部科学部会では結論が先送りされた。

その後衆議院本会議にて、違法ダウンロード刑事罰化をはじめとして、「アクセスコントロール技術を施したDVDやゲームソフトのリッピングの違法化」や「アクセスコントロール技術を解除する機器やソフトウェアの販売禁止」

を盛り込んだ改正案を賛成多数で可決・成立し、違法ダウンロードの刑事罰化が2012年10月1日に施行された。
10月1日現在でも利用者からは不安の声が上がっており、弁護士の福井健策は、「軽度の違反は摘発しないなどの慎重な運用と、今後実際に効果があったのかどうか検証が必要」と述べている。

刑罰の内容は、「私的使用の目的をもって、有償著作物等の著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害した者に対し、2年以下の懲役若しくは 200万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」(著作権法第119条第3項を新設)
となっている。
また第123条により親告罪とされており、著作権者からの告訴がなければ公訴は提起されないことになっている。

5  刑事罰化後の市場の動き

 

刑事罰化から1年が経過した時点で、これらの対応はコンテンツの売上回復に繋がらなかったことが報じられた。
2013年9月29日付のNHKの報道によると、WinnyやShareといったファイル共有ソフトウェアの利用は減少傾向にあり、コンテンツのレンタルなどで一定の効果が見られた一方、刑事罰化以前と比較して音楽のダウンロード配信が20%以上減少しており、CDやDVDなどの売上もやや減少傾向にあるとしている。
アニメ関連市場は動画配信(公式配信)市場に関しては、刑事罰化前年2011年の160億円から2014年408億円にまで急増している。
テレビ局のアニメ市場は2005年に1041億円あったが、ダウンロード違法化後の2012年は951億円に縮小
ビデオのアニメ市場も、2005年に1388億円あったが、ダウンロード違法化後の2015年には928億円に縮小した。
商品化による売り上げは、ダウンロード違法化直後の2010年に6274億円となり前年の5597億円よりも増加したが、2015年には5794億円まで縮小し、ダウンロード違法化前の売上ピークだった2007年の5974億円よりもアニメ市場は小さくなっている。
このように分野ごとに市場を見た場合、立法後にアニメ市場が縮小した側面もあることから、アニメ市場全体におけるダウンロード違法化の影響は単純に良かったのか、悪かったのかと断言することはできない。

 

6 アノニマスによる抗議活動

 

違法ダウンロード刑事罰化が可決してから5日後の2012年6月25日、クラッカー集団のアノニマスが、違法ダウンロード刑事罰化に抗議する内容の声明を発表。同日ごろから日本政府および日本レコード協会などのウェブサイトに対してサイバー攻撃を行った。

アニニマスとは 
「anonymous」という単語は「匿名の」という意味があり、主に匿名で抗議行動・DDoS攻撃・クラッキングを用いて独自の政治的主張の元にハッキングを行う集団のことである。

 

日本のアノニマスは、渋谷にて清掃活動をしながら違法ダウンロード刑事罰化について市民に知ってもらうためにリーフレットなどを配布するための「オフ会」を行うと告知した。
告知通り2012年7月7日に開催され、50人以上が参加し、サイバー攻撃などの過激なものやテロ行為ではなく、周辺の歩道を清掃活動した。

 

まとめ

 

このように見てみると、今回のNyaaの閉鎖で、違法ダウンローダーは確実に減少するだろうが、そのまま市場の利益につながるとは言い切れず、例え違法ダウンロードをさらに厳しく取り締まったろしても、市場の利益が減少する場合も考えられることから一筋縄ではいかない非常に複雑な問題と言える
また、ダウンロード法の刑事罰化後も違法ダウンロードを行うものは後を絶たず、一人ひとり取り締まるのは非常に難しい状況である。
インターネットが急速に成長する現代、法整備が追い付かず、また法整備を行っても良い方向に向くとは限らない問題に直面している。正直答えがあるのかどうかわからないが、FreeBooksの件同様著作物の取り扱いは個人のモラルにかかっているだろう。

【フリーブックス閉鎖】FreeBooks遂に閉鎖、twitterでは嘆く声も

2017.05.03

【ななイチ】FreeBooks難民の受け皿となるか!?月額710円で漫画読み放題のサイト「ななイチ漫画館」

2017.05.05

参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E9%81%95%E6%B3%95%E5%8C%96