【PlayStation5】ソニー次世代ゲーム機PS5、来年発売!?

なんともゲームを嗜む身としては衝撃的なニュースが舞い込んできた。
なんとソニーの次世代ゲーム機が来年に発売するというのだ。
この情報元は以下の通りである

Sony to release its next-generation PlayStation by the second half of 2018.
The company has yet to disclose its plans.
(ソニーは2018年後半に次世代プレイステーションをリリースする予定である)
https://www.wsj.com/articles/sony-expects-operating-profit-to-surge-to-4-5-billion-1493360553

最近で一番心躍る情報だった人はぼくだけじゃないだろう。
2018年と言うと、PS4からあまり時間が経っていないような、なんて思ったりするとなんだか懐かしくなってきたので、まずは歴代PlayStationの発売日についてまとめてみた。

1994年
12月3日 – 初代PlayStation発売。 
1999年
1月23日 – PocketStation発売。

2000年

3月4日 – PlayStation2発売。


7月7日 – PS one発売。

2003年

12月13日 – PSX発売。

2004年

12月12日 – PlayStation Portable (PSP) 発売。


2006年
11月11日 –    PS3発売。     PlayStation Network (PSN) サービス開始。  
2009年
11月1日 – PlayStation Portable go (PSP go) 発売。       
2010年

10月21日 – PlayStation Move発売。

2011年

12月17日 – PS Vita発売。

2013年

11月15日 – 北米の2カ国でPS4が発売(世界初)。

 

2014年
2月22日 – 日本国内でPS4が発売。

2016年
10月13日 – PlayStation VR (PSVR) 発売。
11月10日 – PlayStation 4 Pro (PS4 Pro) 発売。

と、まぁ懐かしい気持ちになってきたが、意外と頻繁にいろいろと発売していたことに驚いた。
上では省いたが、サービスの開始なども含めると、毎年のようになにかアクションがあった。

ここでPS5の話に戻ろう。さすがに次世代機がどのような形状、性能になるかという確定した情報はまだ出ていないが、噂程度に言われていることをまとめておく。

 

 

 

 

噂その1 クラウドゲーミング機能が実装される!?

 

まず、クラウドゲーミングについて説明しておく。
クラウドゲーミングとは簡単に言うと、処理はSonyの用意するサーバー側が担当するため大きなゲーム機本体が手元になくともゲームが遊べるということだ。
この技術によって、必要なゲーム機のサイズが小型化され、価格もかなり抑えられるとされている。 手のひらサイズのゲーム機で4Kの美麗な画質でゲームが楽しめる、まるで夢のような話だ。

 

噂その2 歴代PlayStation全機種に互換性がある!?

 

PlayStation初代や2、3などに思い入れのあるソフトがある人も少なくないだろう。全機種に互換性があるとなれば、そういった目線でもPS5は理想的なハードになるかもしれない。

どうやら技術的にはそう難しい話ではないようなので、この件については期待しておいてもいいかもしれない。

 

噂その3 PlayStation5が最後のゲーム機になる!?

 

こんな情報が出回ってからなんだが、つい最近までPS4Proが最後のハードになり、PS5は発売されないという説があった。
ここにはソニーのゲーム業績に関する部分があるのだが、PS5の売れ行きによっては本当に最後のハードになるという可能性もないわけではない。

 


 

まとめ

 

昔からソニー信者のぼくにとってなかなかうれしいニュースだった。発売年の間隔から次は2020くらいだろうと踏んでいたのでうれしい誤算だ。最近ゲーム業界もVRを取り入れたり、目新しいものが増えていて次はなにがあるのかと考えるのも楽しいものだ。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です