【身長アップ】男のためのシークレットインソールで気づかれないように身長を盛る方法

 

 

シークレットブーツと聞くと、「そんなものを履いてまで身長を偽わらなくても…」

なんて言う人がいたり、

使おうと思っても、「気づかれたらどうしよう・・・」 なんて思って使用に踏み切れない人はすごく多いんじゃないだろうか。

そんな人のための希望  シークレットインソール について今回は解説していく。

 

シークレットインソールについて

 

前述したことをまとめると、つまりは人に気づかれずにしかも不自然でない範囲で身長アップしてしまえばいいのだ。

シークレットブーツでは、やはりラインナップの少なさや、いかにも感が出る場合が多く、バレる可能性はゼロではない。

そこでこのシークレットインソールの登場だ。

シークレットインソールとは1cm や 2cm と厚みのあるインソールのことで、市販されている靴の中に仕込ませることで、バレずに身長アップができるという優れものだ。

シークレットインソールの使い方

シークレットインソールの使い方についてだが、インソールっていうから靴の中にただ入れればいいだけじゃないの?と思うだろう。

甘い。

座敷のレストランや居酒屋に入ったとき、靴の中をのぞかれて不自然な様子を見られたらどうする。

シークレットインソールは、様々な靴に対応するため幅がかなり狭めになっている、

このことにより見られても一瞬でシークレットだとバレることはなくても何らかの違和感を覚えることは間違いないだろう。

ではどうするのか、

シークレットインソールの上に、無地で黒のインソールをかぶせるのだ。

これによりシークレットインソールの幅の狭さが隠れるだけでなく、靴の深さと上にかぶせたインソールの色が相まって中が非常に見えにくくなり、凝視し、のぞき込まない限りバレないくなるのである。

 

何センチ盛るか

 

何㎝盛るかは人の裁量によるが、まず前提として絶対にバレないということがある。

ぼくが検証した結果、限界として

ハイカットでは 3~4cm
ミッドカット(ミドルカット) では 3cm
ローカットでは 2cm

ハイカットではまずインソールが入っていることはバレないが、なぜ限界を3~4cmという値に決定したかというと、万が一靴を脱ぐ場面に遭遇した場合を想定してだ。

靴を脱げばもちろん元の身長があらわになる。

そこで不自然ではない限界は3~4cmというのが結論だ。

ローカットに関して限界が低く設定されている理由としては、くるぶしの見え方にある。

ローカットでは一般的に靴より上にくるぶしが現れる。 そこであまりにシークレットインソールでかさまししてしまうとくるぶしの位置の不自然さがバレる原因となりかねないからだ。

ミドルカットについてはその中間といったところだ。

 

どんな靴に使用するのか

 

使用が推奨される靴の特徴としてはまず基本的にハイカットのブーツが推奨される。

外見からまずバレることはないし、くるぶしが見えることもないため、多少無理な盛り方をしても脱がない限りバレることはない。

ミドルカットとローカットについては上で指定した限界値を守りさえすれば例え靴を人前で脱いでもバレることはないので使用可能だ。

もう一つ重要なことがある。

それは もともとも靴の中の色が黒など暗い色ということだ。

理由はもちろんシークレットインソールにかぶせた薄いインソールが不自然にならないようにするためだ。

なにかインソールを入れていることがばれても、インソールを入れること自体は一般的でなにも不自然に思われない。その一般的なインソールの色はほぼすべて黒色なのだから、靴の中も黒系統の色であれば相乗効果でバレにくさが増す。

 

どのシークレットインソールを使用するか

 

使用するシークレットインソールについても注意が必要だ。

まず前提として自分の持っている靴に入ること。(幅と長さ)
また、あまりに小さすぎると靴の中での安定感がないので、ちょうどいい大きさを選ぶ。

ぼくのおすすめとしては、


やわらか低反発インソール 1cmヒールアップタイプ


フットエステ やわらか低反発インソール2㎝アップ ブラック


三四郎市場 インソール 換気中敷 ヒールアップ7cm(3cm +2cm + 2cm) かかとアップ サイズ22.5-27cm自由にご裁断可能


FGK シークレット インソール 脚長 こっっそり身長アップでお悩み解決(高さ4㎝)

と、こんなところだろう。

まずシークレットインソールを選ぶときに、踵部分のみのものは外すべきだ。

理由としては簡単で、安定感がなく、ずれやすいからだ。

不自然な歩き方はシークレットバレを意味する。
肝に銘じておくように。

後は色とサイズだ。前述したように少しでもリスクを減らすため色は黒を選ぶ。
サイズについては裁断可能なフリーサイズのものにする。 上に示したものはすべて30cmから裁断可能なので上から選べば外れはない。

上にかぶせるインソールに関しては市販の黒色のものならばどれでもよいができるだけつま先側が薄く、通気性に優れたものがお勧めだ。
踵側はどれだけ高くなろうと、靴が脱げない限り耐えられるが、つま先側がキツキツだと靴擦れを起こすので注意が必要だ。

おすすめを一応紹介しておく。


(FUPUTWO) インソール ハニカム加工 衝撃吸収 低反発 抗菌 防臭 高い通気性 EVA素材を使用 穴空き加工で蒸れづらい (M, 黒)

高反発 抗菌インソール 男女兼用 フリーサイズ(21.0~28.0cm)1足分(2枚入)

まとめ

ここまで述べたことを守ればまずバレることはないので安心して身長アップにいそしんでほしい。

真に注意すべきは7cmアップなどという誘惑に負けず、リスクをしっかりと管理することだ。
また、靴下の中に入れる商品も最近は出ているようだが、不自然極まりないのでもう少し改良が進むまでは控えるべきだ。

今回紹介したインソールと、【身長アップ】男のための絶対に人にバレずに身長が盛れる靴  で紹介したものを組み合わせれば、最大で周りより5~7cmアップは実現可能なので工夫しながら身長アップを目指してほしい。

【身長アップ】男のための絶対に人にバレずに身長が盛れる靴6選

2017.05.06

 








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です