【モバイルバッテリー】これだけ覚えておけば大丈夫!モバイルバッテリーの選び方

 

近年、スマホの爆発的な普及や、ポケモンGOなどの長時間のスマホゲームなどの利用につれて、モバイルバッテリーを利用する人が急増している。

モバイルバッテリー自体、どこの電化製品店でもかなりの品ぞろえで置いているが、はたして自分の利用環境に適したものを選べているだろうか。

そこで、今回はモバイルバッテリーを選ぶ際、気を付けなければならないことについて説明していきたいと思う。

1 モバイルバッテリーとは

モバイルバッテリーとは、コンセントがない屋外などの場所でもスマートフォンやタブレットなどの機器を充電でき、持ち運びができるバッテリーのことをいいます。

外出先で、スマートフォンやタブレットのバッテリーが残りわずかな時でもモバイルバッテリーを携帯しておけば、いつでも充電が可能。
また、停電や災害時など、電源が確保できない時にも役立つので、普段モバイルバッテリーを持つほどスマホを利用しないという人でも緊急時の電源として一台持っておくべきだろう。

 

2 容量の大きさ

 

店頭やネットショッピングでモバイルバッテリーのパッケージを見ると、「3000mAh」「5000mAh」といった容量と、
「スマホ充電1.5回分」などといった充電回数の目安が記載されている。
このときスマホと言っても使っている機種は人それぞれ違うため、注意が必要だ。

 

mAh(ミリアンペアアワー)とはモバイルバッテリーの容量を表す単位。
数値が高い方が大容量で、スマートフォンなどへの充電回数が多くなる。

 

参考 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/030900202/

 

通勤時など毎日1回だけ充電するなら、例えばiPhone 6sや6は3000mAh、

大型のAndroidスマホやiPhone 6s Plusなら5000mAhのモバイルバッテリーが最適だと言える。

出張や旅行で使ったり、複数のスマホやUSB機器を充電するなら10000mAhクラスの大容量モデルもオススメ。

特に、大型のタブレットやUSB充電に対応したMacbookやパソコンは、フル充電に10000mAhほど容量が必要となる。

 

3 本体の大きさと重さ

 

一般にmAhの大きさに比例して本体も大きく重くなる。
しかし最新の製品はどれもコンパクトで小さくなっている。

iPhoneを約1回分充電できる3000mAh台の製品は80g前後

Androidスマホを約1回分充電できる5000mAh台の製品も130g前後が一般的だ。

以前と違って、スマホ本体より軽い製品が増えている

10000mAhクラスの製品は軽量化がより顕著だ。
昔は300gで大型だった製品も、今では200g以下でコンパクトな製品が出てきている。

昔購入した大容量モデルが大きくて重いと感じているなら、一度最新モデルをチェックしてみるといいだろう。
今ならたとえ10000mAhの製品を使うとしても、鞄に入れておけば大きさや重さはそこまで気にならないだろう。

また、大きさや重さは自分の使い方に適した容量の大きさとも相談しながら選ぶべきである。

4 急速充電モデル

モバイルバッテリーで容量と同じく重要なのが、充電速度の性能だ。
「出力」がスマホの充電、「入力」の数値がモバイルバッテリー本体の充電速度を決める。この数値が低いとスマホの充電やモバイルバッテリーの充電に時間がかかるので、購入前には確実にチェックしておこう。

出力

スマホ充電に必要な「出力」は、5V/1.8A以上急速充電対応モデルを選びたい。
複数のUSB充電ポートを搭載したモデルなら、スマホ2台の同時充電も考えて、合計出力5V/3A以上がオススメだ。

最近では対応スマホをより高速に充電できる「Quick Charge 2.0」対応バッテリーも出てきたが、今はやや高額で大きい製品が多い。現時点ではそこまで積極的に選ばなくていいだろう。

入力

「入力」はモバイルバッテリー本体の充電速度を決める値だ。
モバイルバッテリーは大容量なので、なるべく入力5V/2A対応製品を選んで急速充電できるようにしたい。
もし、急速充電対応のUSB充電器(出力5V/1.8A以上)のものを持っていないなら、スマホやモバイルバッテリーなどをまとめて急速充電できる、マルチポートのUSB充電器の購入をおすすめする。

 

5 おすすめの製品

これらを踏まえて現時点で発売されている製品の中からおすすめのものを選んでおいた。
こちらも参考にしていってほしい。

70gの軽量モデル でバッテリー不足を手軽に補うならこれ
cheero Power Plus 3 Stick 3350mAh


cheero Power Plus 3 stick 3350mAh 超軽量 モバイルバッテリー [ 国産Sanyo/Panasonic 高品質電池搭載 ] iPhone 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / 5s / 5c / 5 / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応 超コンパクト ハイパワー出力 【AUTO-IC機能搭載】

■実売価格 ……2599円
■容量 ……3350mAh
■充電端子 ……1ポート
■出力 ……5V/1A
■入力 ……5V/1.3A(充電時間:約3時間)
■サイズ ……101 × 24 × 24 mm
■重さ ……70g

 

重量が70gとバッテリーの中でも最軽量な部類に入る。本体超軽量ながらも3350mAhとiPhoneを1台分余裕でフル充電できる容量があり、androidのスマホでもバッテリー不足を補う程度なら十分。

 

驚くほど小さく軽い、6700mAh 最小、最軽量
RAVPower 6700mAh


モバイルバッテリー RAVPower 6700mAh 急速充電 ポータブル充電器 (6700mAh 最小、最軽量/2016年9月末時点) iPhone / iPad / Galaxy / Xperia / タブレット / ゲーム機 等対応(iSmart2.0機能搭載)-ブラック

■実売価格 …… 1,380円
■容量 ……6700mAh
■充電端子 ……1ポート
■出力 ……5V/2.4A
■入力 ……5V/2A(充電時間:約3時間)
■サイズ ……93 × 45 × 23 mm
■重さ ……113g

日常使用に満足できる6700mAhながら、驚くほど小さく軽い本体のこの製品。
最新の iSmart2.0 テクノロジー で急速充電が可能となっている。

充電器とモバイルバッテリーが1つに。少し遠出をするときなどに便利。
パナソニック QE-AL202


パナソニック モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 3,760mAh ホワイト QE-AL202-W

■実売価格 ……4730円
■容量 ……3760mAh
■充電端子 ……1ポート
■出力 ……5V/2.0A
■入力 ……コンセント接続(充電時間:約3時間30分)
■サイズ ……66 × 125 × 20 mm
■重さ ……175g

 

スマホ充電器に、モバイルバッテリーを内蔵した製品。自宅ではコンセントにつないで充電、外出時は内蔵バッテリーからスマホを充電できる優れもの。

スマホとモバイルバッテリーを別々に充電せずにすむので、出張や旅行が多い人や、スマホ初心者にもおすすめしたい。

コスパ重視ならこれ。低価格かつ軽量、容量も十分
cheero Power Plus 3 mini 6700mAh


cheero Power Plus 3 mini 6700mAh 超コンパクト モバイルバッテリー [ 国産パナソニック高品質電池搭載 ] 急速充電 iPhone / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応 ハイパワー出力 (AUTO-IC機能搭載) CHE-068 (ブラック)

■実売価格 ……1980円
■容量 ……6700mAh
■充電端子 ……1ポート
■出力 ……5V/2.1A
■入力 ……5V/2.0A(充電時間:約3時間30分)
■サイズ ……92 × 43 × 23 mm
■重さ ……130g

 

低価格で小型軽量、Androidスマホを1回以上、iPhoneなら2回以上フル充電できる使い勝手のいいモバイルバッテリー。
出力が5V/2.1Aなので、大半のスマホを素早く充電できる。

 

タブレット、PCの充電にも使える軽量かつ大容量モデル(5月1日現在amazon売上ランキング1位)
Anker PowerCore 10000


Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2016年8月末時点 A1263011

■実売価格 ……2599円
■容量 ……10000mAh
■充電端子 ……1ポート
■出力 ……5V/2.4A
■入力 ……5V/2A(充電時間:不明)
■サイズ ……92 × 60 × 22 mm
■重さ ……180g

容量が10000mAhの中では再計量モデル。値段も控えめな上、出力も高いため素早く充電もできる。
ただし、大容量モデルだがUSBポートが1つなのでいくつものスマホやタブレットを一度に充電することはできない。

急速充電「Quick Charge 2.0」に対応した大容量モデル
Anker PowerCore+ 26800


Anker PowerCore 26800 (26800mAh 超大容量 モバイルバッテリー) 【デュアル入力ポート / 3台同時充電】iPhone / iPad / Android / 新しいMacBook他各種対応 A1277011

■実売価格 ……7999円
■容量 ……26800mAh
■充電端子 ……3ポート
■出力 ……合計5V/6A(1ポート最大2.4A、または9V/2A、12V/1.5A)
■入力 ……5V/2A、9V/2A(充電時間:約9時間)
■サイズ ……180 × 80 × 24 mm
■重量 ……590g
■備考 ……Quick Charge 2.0 対応充電器が付属

大容量26800mAhモデル。Quick Charge 2.0に対応したAndroidスマホなら、5V/2Aよりもさらに高出力な9V/2Aで急速充電できる。また、モバイルバッテリー自体もQuick Charge 2.0に対応し、付属の充電器を使うと、通常は充電に16時間かかるところを約9時間で充電できる。590gとかなり重いが、とにかく大容量バッテリーが必要な人におすすめ。

 

参考 : http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/030900202/?P=3








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です